日本人の10人に1人がわきがとされ、クリニックでは保険適用の治療も行われています。

わきがに悩む人は多い

日本人の10人に1人がわきがに悩まされているといわれています。保険が適用できる治療法もあるので、クリニックでカウンセリングを受けてみるとよいでしょう。

治療前の気になるポイントを解消

保険がきく治療法とはどのようなものがあるか

わきがの治療で保険が適用されるのは、皮膚切除、剪除などの手術で、メスを使わないミラドライやボトックスには適用されません。

手術以外の方法でわきがの治療はできるか

根本的に改善するためには、臭いの原因である汗腺を取り除く手術が最善の方法になります。

わきがの治療をすれば再発はしませんか

わきがの治療や手術をしても、しっかり汗腺が取りきれていない場合は再発することがあります。

わきがの手術の跡は目立ちますか

手術の方法にもよりますが、脇のしわにそって切開するなどできるだけ目立たないように行われます。

手術に痛みはありますか

手術は麻酔を使用して行うので痛みはありません。また、手術後は痛み止めも処方されるので痛みに悩まされるリスクは少ないでしょう。